名古屋港水族館太郎、略してポータンと申します。
ミニコラム・第2回
「ゼルダの記憶」
ボクが初めて「ゼルダの伝説」を知ったのは、
我が家にスーパーファミコンが来て、一年か二年経ったくらいの頃。

初めて触れるアクションRPGは、
いままでプレイしていた「マリオ」作品とはまったく違うものだった。
穴に落ちて死ぬことはないが、
敵を自分で倒しながら謎解きもするという、
小学生には難しいプレイを要求された。

が、そこはさすがは子供。
すぐにプレイにも慣れ、「ゼルダ」を楽しみ始めた。

途中何度も敗北と挫折を味わったが、
不思議と諦めることなくエンディングまで辿り着くことが出来た。

ストーリー的には小学生には難しかったため、
4コマ漫画や脳内妄想での補完によって納得していた。

それから、しばらく任天堂にどっぷりとハマったボクは、
「マリオ」「ゼルダ」「ドンキーコング」などの作品を追い掛けて、
当時圧倒的に友人の所持率が高かったプレイステーションを買おうとはせず、
NINTENDO64を嬉々としてプレイしていた。

そして、さらに時は流れた。

いつしか64も過去のハードになり、
プレイステーションは2作目が、
そして任天堂からは64を越える新しいハードの発売があると発表された。

ゲームニュースの試作映像を見て、当時のボクは声をあげて驚いた。

64でカクカクしていたリンクが、
なめらかで美しいCG技術で映像内を走り回っている。

「プレステの時代は終わった!やっぱり任天堂の技術は世界一ィ!だったのだ!」

狂喜乱舞しながら、
ボクは来たるべき任天堂の新ハードを待ち望んでいた。

そして、とうとうその日がやって来た。

任天堂の新ハード、ゲームキューブが世に放たれた。

だが、ボクはそれを受け入れることが出来なかった。

ゲーム屋にハードを見比べに入ったボクは、
店頭に置かれたデモプレイ用の画面を見て驚愕した。

そこには、あの日見た美しくなめらかなリンクはいなかった。
代わりにアメリカの漫画アニメにでも出てきそうな、
猫目ののっぺりとしたリンクが映っていた。

これこそ、今なお活躍の続くトゥーンリンク。
通称、猫目リンクである。

今でこそ偏見無くプレイ出来るようになったし、
DSの2本はどちらも名作だったと思う。

だが、当時のボクにはどうしても魅力的には見られなかった。

「…何故、何故あの美しくカッコいいリンクをやめたんだ。
こんなアニメのようなリンクの為に、ボクはずっと待っていたんじゃあない…!
しかもなんだよ、相変わらず松明を持って照明に火を灯している…。
なんて変わり映えしない、なんて懐古的なスタイルなんだ…」

新しいものを期待し過ぎていたボクには、
最早、様式美となっていたゼルダの謎解きの様子が、
古臭い同じネタの使い回しにしか見えなかった。

そして、ボクはプレステ2を買うことになった。

今思えば、確かにリンクの変貌ぶりは衝撃だったと思う。

しかしゲームキューブでしかプレイできない作品も多く、
それらがボクにとって今なお未プレイ作品となっているのは、
悔しくて寂しくて、切なくて震える過去となってしまった。

強いて言うならば、
当時はやはりプレステ全盛期であり、
対戦格闘などで友人との交流が広まったことは確かだったと思う。

しかし、「風のタクト」をプレイし損なった事は、
割と今なおボクのゼルダ熱を冷ます要因となってしまっていることは、
事実であると言わざるを得ない。

好きな作品は、多少の変化があっても貫いて、
好きなモノこそとことんまで追い掛けた方が良いよ、というお話でした。




追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2017/04/10 16:44】 | ミニコラム
|
ミニコラム・第1回
「和歌山に消えたロックバンド志望の友人の記憶」
ボクの友人に、K君という男の子がいた。
いや、君付けしたから、男なのは当たり前かもしれないけど。

彼はボクと急に仲良くなったのだが、
別に互いの趣味がそんなに合致しているわけでもなければ、
人間のタイプもあまり似てはいなかった。
強いて言うならば、好きな音楽の趣味が合っていたくらい。

そんな彼とは、カラオケに行ったり、
出来もしないクラスの女子への妄想を語り合ったり、
彼の自宅でエロゲをしてみたりと、
様々な事をしていっしょに遊んでいた。

だが高校に上がった時をきっかけに、
会う時間が大幅に減り、少し彼とは距離が出来ていた。

そして、大学に入る目前。
久しぶりに彼と会うことになったボクは、
いよいよ大学生ともなれば、また遊べるかなと期待した。

彼に「久しぶり、大学どうした?」と聞くと、
「オレは大学行かないんだ」という意外な答えが返ってきた。

「オレ、大阪に行って音楽の学校に入って、
本格的にロックバンドとしてデビューしたいんだよ」

そんな希望を語る彼が大学に行かない一番の理由は、
なんと彼を含めた彼の一家全員が、
大学試験の願書提出を忘れていたからという、とんでもないものだった。

この時ばかりは、自分の親に感謝した。

そして、彼は音大に行きながらできる、
住み込みのバイトを探すと言って地元を去って行った。

それからしばらくして、
彼から突然、携帯に連絡が入った。

「おお、Kじゃん。すげえ久しぶりだな、大阪にいるの?」

「いやあ、住み込みのバイトがなかなか見つからなくってさ。
とりあえず、今は和歌山にいるよ」

和歌山?何をどう彷徨ったら、
大阪から和歌山にシフトチェンジするのだ?

「しかし、和歌山、何にもねえなあ」

そう言って電話を切ったK君。
…和歌山県の方々に、その場で土下座して謝っておきなさい。

それから、さらに何年か月日が流れ、
ボクは社会人になっていた。

中学時代の友人から同窓会に誘われたボクは、
真っ先にK君のことを思い出した。

ものすごく久しぶりに、携帯で彼の名前を探す。

「この電話番号は、現在使われておりません…」

うわあ、予想はしていたが、最悪だ。
どうしよう。だが、出来る事ならば会いたい。

そこでボクは閃いた。
そうか、実家に電話して、母親に聞いてみよう。

中学時代の連絡網を探し、発見した番号に掛ける。

「あ、もしもし。K君のお母さんですか?
ボクは中学時代の友人で、ポータンと申します」

「あらら、お久しぶりですね」

「お久しぶりです。あのう、K君は実家に帰ってますか?」

「いえねえ、Kは随分前に家を出て行って、帰ってきてないのよ」

「えっ、じゃあ、連絡先を教えてもらえませんか?
同窓会があるんですけど、ボクの知ってる番号に掛けたら繋がらなくって」

「ああ、いいわよ。えっと…090の……」

「…お母さん、それ、ボクの知ってる番号といっしょなんですが……」

「あら、ホント?じゃあ、私もKには連絡できないわねえ」

…K君、完全失踪。

今も尚、彼の事は忘れられないけれど、
彼と連絡を取る手段は、もう何一つ残っていない…。

彼の最期の言葉は、
「和歌山、何にもねえなあ」になってしまった…。

いま、ロックバンドで食っていこうとしている方々、
失踪だけはしないように、十分にご注意いただきたい。

あと、和歌山には美味しいものも、
観光スポットもたくさんあるから、
行ってみるとなかなか楽しいよというお話でした。




追記を閉じる▲

【2017/04/06 04:13】 | ミニコラム
|